防災の取り組み
震災や水害などへの対応はマンション単独では難しいものがあります。フジケンハウジングの経験と実績から地域コミュニティの果たす役割の大きさを実感し、災害時に迅速な対応のできる地域コミュニティづくりに取り組んでいます。
防災マニュアル

防災ハンドブックの整備

管理組合様には、地震や豪雨などの災害への備えと、災害発生時、発生後の対応などを分かりやすくまとめた「防災ハンドブック」をご用意しております。防災体制のチェックを兼ねてまとめ直すことで、マンションごとの「防災ハンドブック」が完成します。
また、フジケンハウジング社内では「震災マニュアル」と「震災事例集」を整備し、管理員はもちろん、フロントマンやバックアップ組織にいたるまで、管理マンションにおける防災対応のレベルアップに取り組んでいます。

地域防災体制づくり

防災イベント等で防災意識の啓蒙と地域コミュニティ形成を支援しながら、防災ハザードマップに基づき、町内会、自治会と連携した地域防災体制(自主防災組織など)をつくりあげます。

マンションの防災

近年の局地的な豪雨などの災害に備え、緊急対応要員の増員やチェックリストに基づいた建物の確認、必要に応じた土嚢の準備など、過去の経験を活かして被害を最小限に抑える対策を実施します。
地域と連携した防災体制
TOPへ